使い方は様々です

立地やスペース

レンタルスペースがある場所は比較的良いアクセスで移動できる立地に多くあります。
アクセスは利用者にとっての最大の問題(見込み顧客が道に迷い、その対応や不着によるビジネス機会の損失、最悪な場合はクレーム)になりますので、これは最低限確保できていることが望ましいです。
また法人だけでなく個人で利用可能な点も再認識しておくと用途は広がります。
トランクルームなどは顧客需要をうまく活用しているケースになります。
スペースの広さ(収容人数)に比例した料金体系についても、利用者にとっては重要なポイントです。
レンタルスペースを借りる際は、可能な限り数社見て回り、そこで入手できる使用感なども含め、料金体系の相場を知っておくと、後々スムーズに活用できます。

フォローサービス

こちらも基本的なポイントですが、温度・湿度の徹底管理は来場者の快適環境を提供する上で欠かすことのできないポイントです。
特にトランクルームなどは庫内に基本的に人はいないため、空調管理がしっかりできるものが日本の気候上外せない問題です。
また、女性でも安心のセキュリティ管理はレンタルスペースを活用する上で、重要です。多くのレンタルスペース店では、防犯カメラを設置していることが大前提ですし、鍵などもより万全なセキュリティーを保てるよう、日々アップグレードされているところが増えています。
なお、トランクルームについていえば、個人であれば部屋の置き場のないものを保管する少量のものから、企業などの大量保管を要するものなどに備え、幅広いサイズを展開しているレンタルスペースが増えていますので、身近な環境で適したものをみつけやすくなってきてもいます。