(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









自筆証書遺言の作成




  ■自筆証書遺言とは?


    自筆証書遺言とは、遺言者が自分自身でいつでも好きなときに作成できる最も簡単
   な遺言書です。

    ただし、自筆証書遺言は、遺言者が死亡した後に遺言が発見されなかったり、変造
   偽造・隠匿されたり、要件を満たしていないために無効になったりするなどの危険が
   ありますので、その作成には十分に注意する必要があります。

    法的に効力のある自筆証書遺言を作成するためには、下記の要件を満たす必要があ
   ります。




  ■自筆証書遺言の作成


   自筆証書遺言の作成 効力要件その1
    自筆証書遺言のすべてが遺言者の自筆によるものであること。
    自筆証書遺言は、その全文が遺言者自身によって書かれたものであることが効力要
    件とされています。
    そのため、代筆や、タイプライターにより作成された自筆証書遺言は無効となりま
    す。


   自筆証書遺言の作成 効力要件その2
    作成日付を正確に書くこと。
    自筆証書遺言の作成日付が記載されていない場合や、日が記載されていない自筆証
    書遺言、○年○月の吉日との記載がある自筆証書遺言が無効とされた判例がありま
    す。


   自筆証書遺言の作成 効力要件その3
    遺言者が署名すること。
    自筆証書遺言は、遺言者が署名することが効力要件とされています。
    氏名は、「通称名」「芸名」等であっても、遺言者を特定できれば有効であるとの
    判例がありますが、トラブル防止の意味からも戸籍どおりに姓名を自署して下さい。


   自筆証書遺言の作成 効力要件その4
    遺言者が押印すること。
    自筆証書遺言は、遺言者が押印することが効力要件とされています。
    なお、押印は、「三文判」「指印」でも有効ですが、後日のトラブル防止の意味か
    らも実印のほうが安心です。




  ■その他の注意事項


   1.自筆証書遺言が2枚以上になったときは、偽造や変造を防ぐためにホチキスなど
     でまとめ署名の下の押印と同じ印鑑を使用して契印あるいは割印をする。


   2.遺言の内容、特に財産の特定は、わかりやすく正確に書くこと。
     ※例えば、いくつもの建物を所有している人が、「自宅は○○に相続させる」と
      の内容の自筆証書遺言を作成した場合、一体どの不動産のことを指しているの
      か判明せず、争いになることがあります。こういう問題は、自筆証書遺言の場
      合、特に多く発生しています。
      財産を特定する際には、不動産は登記簿記載どおりに記載し、預金の場合は支
      店名及び口座番号を記載するなど、後日争いにならないようにする必要があり
      ます。


   3.自筆証書遺言の内容を訂正するために加入、削除、訂正を行うには、厳格で複雑
     な規定に従って行う必要があります。次の方法に沿っていない場合には、訂正は
     無効となりますので、重要な変更があるときは新たな自筆証書遺言を作成したほ
     うが安全です。

     (自筆証書遺言の訂正方法)

     自筆証書遺言の訂正箇所に、加入の場合は{ のしるしを付け、削除・訂正の
      場合は原文が判読できるように二本線で消して、正しい文言を記入する。

     変更した箇所に、遺言書に押印した印鑑で押印する。

     変更した部分の欄外に「本行○字加入○字削除」というように付記するか、遺
      言書の末尾に「本遺言書第五項第四行目『○○○』とあるのを『○○○』と訂
      正した」などのように付記する。

     付記した箇所に、遺言者本人が署名する。

   4.夫婦であっても必ず、別々の自筆証書遺言を作成する。
     民法では、遺言は「2人以上の者が同一の証書でこれをすることができない」と
     規定しています。共同名義の遺言は避け、単独の遺言書を作成して下さい。




  ■法令


   民法968条(自筆証書遺言)
   1 自筆証書によつて遺言をするには、遺言者が、その全文、日附及び氏名を自書し、
     これに印をおさなければならない。
   2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更し
     た旨を附記して特にこれに署名し、且つ、その変更の場所に印をおさなければ、
     その効力がない。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                            page自筆証書遺言の作成