(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









遺言の訂正




  ■遺言の訂正方法


    自筆証書遺言の内容を訂正するために加入、削除を行うには、下記の方法に従って
   行う必要があります。
    下記の訂正方法によらない場合には、遺言の訂正ヵ所は無効となりますので、重要
   な変更があるときは新たな自筆証書遺言を作成したほうが安全です。



    自筆証書遺言の訂正方法

    ア.自筆証書遺言の訂正箇所に、加入の場合は{ のしるしを付け、削除・訂正の
      場合は原文が判読できるように二本線で消して、正しい文言を記入する。

    イ.変更した箇所に、遺言書に押印した印鑑で押印する。

    ウ.変更した部分の欄外に「本行○字加入○字削除」というように付記するか、遺
      言書の末尾に「本遺言書第五項第四行目『○○○』とあるのを『○○○』と訂
      正した」などのように付記する。

    エ 付記した箇所に、遺言者本人が署名する。




    自筆証書遺言の訂正方法 (1)

    ※遺言の訂正箇所を訂正し、押印したうえで、左記欄外のように記載します。




    自筆証書遺言の訂正方法 (2)

    ※遺言の訂正箇所を訂正し、押印したえうで、下記欄外のように記載します。




  ■法令


  民法968条(自筆証書遺言)
  1 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、
    これに印を押さなければならない。
  2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した
    旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その
    効力を生じない。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                                page遺言の訂正