(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









遺言の無効




  遺言の無効


    遺言は、遺言者の最終の意思を法律で実現するものですから、遺言書を作成するた
   めの方式は、法により厳格に定められており、方式どおりに作成されない遺言は無効
   となる可能性があります。

    自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言を作成する際の方式は下記のとおりで
   す。


    自筆証書遺言の方式
     遺言者が、「遺言の全文・作成日付・氏名」を自分の手で書き、これに「押印」
     する。


    公正証書遺言の方式
     証人2人以上の立会いのもと、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授する。
     公証人が、口授を筆記し、遺言者及び証人に読み聞かせ、又は閲覧させる。
     遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を押す。
     公証人が署名し印を押す。

     ※署名ができない人、口がきけない人、耳が聞こえない人の特則あり。


    秘密証書遺言の方式
     遺言者が、遺言書に署名し、印を押す。
     遺言者が、その遺言書を封筒に入れて封じ、遺言書と同じ印をもって封印する。
     遺言者が公証人及び証人2人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である
     旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述する。
     公証人が、日付及び遺言者の申述を封筒に記載し、遺言者、証人、公証人が署名
     し押印する。




  ■法令


    民法968(自筆証書遺言)
    1 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書
      し、これに印を押さなければならない。
    2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更
      した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなけれ
      ば、その効力を生じない。


    民法969条(公正証書遺言)
     公正証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
    1 証人二人以上の立会いがあること。
    2 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授すること。
    3 公証人が、遺言者の口述を筆記し、これを遺言者及び証人に読み聞かせ、又は
      閲覧させること。
    4 遺言者及び証人が、筆記の正確なことを承認した後、各自これに署名し、印を
      押すこと。ただし、遺言者が署名することができない場合は、公証人がその事
      由を付記して、署名に代えることができる。
    5 公証人が、その証書は前各号に掲げる方式に従って作ったものである旨を付記
      して、これに署名し、印を押すこと。


    民法969条の2(公正証書遺言の方式の特則)
    1 口がきけない者が公正証書によって遺言をする場合には、遺言者は、公証人及
      び証人の前で、遺言の趣旨を通訳人の通訳により申述し、又は自書して、前条
      第二号の口授に代えなければならない。この場合における同条第三号の規定の
      適用については、同号中「口述」とあるのは、「通訳人の通訳による申述又は
      自書」とする。
    2 前条の遺言者又は証人が耳が聞こえない者である場合には、公証人は、同条第
      三号に規定する筆記した内容を通訳人の通訳により遺言者又は証人に伝えて、
      同号の読み聞かせに代えることができる。
    3 公証人は、前二項に定める方式に従って公正証書を作ったときは、その旨をそ
      の証書に付記しなければならない。


    民法970条(秘密証書遺言)
    1 秘密証書によって遺言をするには、次に掲げる方式に従わなければならない。
     @ 遺言者が、その証書に署名し、印を押すこと。
     A 遺言者が、その証書を封じ、証書に用いた印章をもってこれに封印すること。
     B 遺言者が、公証人一人及び証人二人以上の前に封書を提出して、自己の遺言書
       である旨並びにその筆者の氏名及び住所を申述すること。
     C 公証人が、その証書を提出した日付及び遺言者の申述を封紙に記載した後、遺
       言者及び証人とともにこれに署名し、印を押すこと。
     2 第九百六十八条第二項の規定は、秘密証書による遺言について準用する。


    民法971条(方式に欠ける秘密証書遺言の効力)
    1 秘密証書による遺言は、前条に定める方式に欠けるものがあっても、第九百六
      十八条に定める方式を具備しているときは、自筆証書による遺言としてその効
      力を有する。


    民法972条(秘密証書遺言の方式の特則)
    1 口がきけない者が秘密証書によって遺言をする場合には、遺言者は、公証人及
      び証人の前で、その証書は自己の遺言書である旨並びにその筆者の氏名及び住
      所を通訳人の通訳により申述し、又は封紙に自書して、第九百七十条第一項第
      三号の申述に代えなければならない。
    2 前項の場合において、遺言者が通訳人の通訳により申述したときは、公証人は、
      その旨を封紙に記載しなければならない。
    3 第一項の場合において、遺言者が封紙に自書したときは、公証人は、その旨を
      封紙に記載して、第九百七十条第一項第四号に規定する申述の記載に代えなけ
      ればならない。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                                page遺言の無効