(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









自筆証書遺言の日付・署名・捺印




  自筆証書遺言の日付、署名、捺印


   事件名 遺言無効確認等請求
   裁判年月日 昭和36年06月22日
   法廷名 最高裁判所第一小法廷


   判示事項  自筆遺言書の日附、署名、捺印の方式。

   裁判要旨 自筆遺言書は、数葉にわたるときでも一通の遺言書として作成されている
        ときは、その日附、署名、捺印は一様にされるをもつて足りる。




   主    文

    本件上告を棄却する。
    上告費用は上告人の負担とする

   理    由

    上告代理人高橋武夫、同椎木緑司の上告理由第一点、第二点について。
    本件遺言書作成の経過、遺言書の形式および記載文字の筆跡等所論の点に関する原
   審の事実の認定は、挙示の証拠に照らし是認しうる。所論は右原審の認定した事実と
   異なる事実関係を前提として原判決の違法をいうものであつて、採るを得ない。

    同第三点について。
    記録に徴すれば、所論調停の申立または訴の提起が、所論のように遺留分減殺請求
   権の行使の意思表示を包含するものとは認められない。また、本件において上告人が
   予備的に主張した遺留分減殺請求の訴については、更に相続財産の相続開始当時の価
   額、遺贈財産の相続開始当時の価額、本件不動産の所在地、内容等を具体的に検討し
   なければならないから、原審における本件訴訟進行の状況に照らし、右予備的訴を審
   理し、訴訟を完結することは、訴訟手続を著しく遅滞せしめるべきことは推測するに
   難くない。それ故、これと同趣旨において右予備的請求を却下した原審の判断は正当
   であり、所論の違法は認められない。

    同第四点について。
    遺言書が数葉にわたるときであつても、その数葉が一通の遺言書として作成された
   ものであることが確認されれば、その一部に日附、署名、捺印が適法になされている
   限り、右遺言書を有効と認めて差支えないと解するを相当とする。それ故右と同趣旨
   の原判決は結局正当であつて、所論の違法は認められない。
    よつて、民訴四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一致で、主文のとお
   り判決する。










相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                      page自筆証書遺言の日付、署名、捺印