(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









外国人の押印




  外国人の押印と遺言の効力


   事件名 遺言書真否確認等請求
   裁判年月日 昭和49年12月24日
   法廷名 最高裁判所第三小法廷


   判示事項 遺言者の押印を欠ぐ自筆遺言証書が有効とされた事例


   裁判要旨 英文の自筆遺言証書に遺言者の署名が存するが押印を欠く場合において、
        同人が遺言書作成の約一年九か月前に日本に帰化した白系ロシア人であり
        約四〇年間日本に居住していたが、主としてロシア語又は英語を使用し、
        日本語はかたことを話すにすぎず、交際相手は少数の日本人を除いてヨー
        ロッパ人に限られ、日常の生活もまたヨーロッパの様式に従い、印章を使
        用するのは官庁に提出する書類等特に先方から押印を要求されるものに限
        られていた等原判示の事情(原判決理由参照)があるときは、右遺言書は
        有効と解すべきである。




   主    文

    本件上告を棄却する。
    上告費用は上告人らの負担とする。

   理    由

    上告代理人中嶋徹の上告理由について。
    原審の適法に確定した事実関係のもとにおいては、本件自筆証書による遺言を有効
   と解した原審の判断は正当であつて、その過程に所論の違法はない。論旨は、採用す
   ることができない。
    よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条、九三条に従い、裁判官全員一致の意見
   で、主文のとおり判決する。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                         page外国人の押印と遺言の効力