(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









遺言の日付と効力




  日を吉日と記載した自筆証書遺言の効力


   事件名 遺言無効確認
   裁判年月日 昭和54年05月31日
   法廷名 最高裁判所第一小法廷


   判示事項 自筆遺言証書の日付として「昭和四拾壱年七月吉日」と記載された証書の
        効力


   裁判要旨 自筆遺言証書の日付として「昭和四拾壱年七月吉日」と記載された証書は、
        民法九六八条一項にいう日付の記載を欠くものとして無効である。




   主    文

    本件上告を棄却する。
    上告費用は上告人の負担とする。

   理    由

    上告代理人繩稚登の上告理由について
    自筆証書によつて遺言をするには、遺言者は、全文・日附・氏名を自書して押印し
   なければならないのであるが(民法九六八条一項)、右日附は、暦上の特定の日を表
   示するものといえるように記載されるべきものであるから、証書の日附として単に
  「昭和四拾壱年七月吉日」と記載されているにとどまる場合は、暦上の特定の日を表示
   するものとはいえず、そのような自筆証書遺言は、証書上日附の記載を欠くものとし
   て無効であると解するのが相当である。これと同旨の原審の判断は、正当として是認
   することができ、原判決に所論の違法はない。論旨は、採用することができない。
    よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文
   のとおり判決する。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                             page遺言の日付と効力