(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









遺留分権利者に対する価格弁償




  遺留分減殺請求に対する価格弁償


   事件名 遺言無効確認
   裁判年月日 昭和54年07月10日
   法廷名 最高裁判所第三小法廷


   判示事項 特定物の遺贈につき履行がされた場合に民法一〇四一条の規定により受遺
        者が遺贈の目的の返還義務を免れるためにすべき価額弁償の意義


   裁判要旨 特定物の遺贈につき履行がされた場合に、民法一〇四一条の規定により受
        遺者が遺贈の目的の返還義務を免れるためには、価額の弁償を現実に履行
        するか又はその履行の提供をしなければならず、価額の弁償をすべき旨の
        意思表示をしただけでは足りない。




   主    文

    本件上告を棄却する。
    上告費用は上告人の負担とする。

   理    由

    上告代理人江谷英男、同藤村睦美の上告理由第一点について
    本件建物が無価値のものでなく、まだかなりの価値を有するものであるとする原判
   決の認定判断は、その挙示する証拠関係に照らし、正当として是認することができ、
   原判決に所論の違法はない。論旨は、ひつきよう、原審の専権に属する証拠の取捨判
   断、事実の認定を非難するか、又は判決の結論に影響のない点をとらえて原判決を論
   難するものにすぎず、採用することができない。

    同第二点について
    遺留分権利者が民法一〇三一条の規定に基づき遺贈の減殺を請求した場合において、
   受遺者が減殺を受けるべき限度において遺贈の目的の価額を遺留分権利者に弁償して
   返還の義務を免れうることは、同法一〇四一条により明らかであるところ、本件のよ
   うに特定物の遺贈につき履行がされた場合において右規定により受遺者が返還の義務
   を免れる効果を生ずるためには、受遺者において遺留分権利者に対し価額の弁償を現
   実に履行し又は価額の弁償のための弁済の提供をしなければならず、単に価額の弁償
   をすべき旨の意思表示をしただけでは足りないもの、と解するのが相当である。けだ
   し、右のような場合に単に弁償の意思表示をしたのみで受遺者をして返還の義務を免
   れさせるものとすることは、同条一項の規定の体裁に必ずしも合うものではないばか
   りでなく、遺留分権利者に対し右価額を確実に手中に収める道を保障しないまま減殺
   の請求の対象とされた目的の受遺者への帰属の効果を確定する結果となり、遺留分権
   利者と受遺者との間の権利の調整上公平を失し、ひいては遺留分の制度を設けた法意
   にそわないこととなるものというべきであるからである。
    これを本件についてみるのに、原審の確定したところによれば、被上告人は、遺贈
   者亡Dの長女で唯一の相続人であり、遺留分権利者として右Dがその所有の財産であ
   る本件建物を目的としてした遺贈につき減殺の請求をしたところ、本件建物の受遺者
   としてこれにつき所有権移転登記を経由している上告人は、本件建物についての価額
   を弁償する旨の意思表示をしただけであり、右価額の弁償を現実に履行し又は価額弁
   償のため弁済の提供をしたことについては主張立証をしていない、というのであるか
   ら、被上告人は本件建物につき二分の一の持分権を有しているものであり、上告人は
   遺留分減殺により被上告人に対し本件建物につき二分の一の持分権移転登記手続をす
   べき義務を免れることができないといわなければならない。
    したがつて、これと同趣旨の原審の判断は正当であつて、原判決に所論の違法はな
   い。論旨は採用することができない。
    よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文
   のとおり判決する。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                      page遺留分減殺請求に対する価格弁償