(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









公正証書遺言の効力




  公正証書遺言の効力


   事件名 遺言不存在確認等
   裁判年月日 昭和57年01月22日
   法廷名 最高裁判所第二小法廷


   判示事項 嘱託人の確認手続に関する記載に誤りがある遺言公正証書の効力が認めら
        れた事例


   裁判要旨 遺言公正証書には、公証人が遺言者から印鑑証明書を提出させたとの記載
        がありながら、その印鑑証明書が連綴されていない場合でも、その作成に
        あたり民法九六九条に定める方式に則り証人二人が遺言を確認し、遺言者
        本人が署名押印したことが証書の記載によつて明らかにされており、かつ、
        公証人が遺言者の氏名を知り、面識があつてその確認手続において欠ける
        ことのなかつたことが、右遺言公正証書の作成の直前に同じ公証人の作成
        した別の公正証書の記載によつて明らかにされているときは、右遺言公正
        証書は、その効力を認めて妨げない。




   主    文

    本件上告を棄却する。
    上告費用は上告人の負担とする。

   理    由

    上告代理人吉田鉄次郎の上告理由について
    本件遺言公正証書には、遺言者から印鑑証明書を提出させてその人違いでないこと
   を証明させたとの記載がありながら、その印鑑証明書が公正証書の原本に連綴されて
   いないことは、所論のとおりである。しかしながら、本件遺言公正証書は、原判決の
   認定するように、民法九六九条の定める方式を遵守して作成されたものであつて、そ
   の方式の中には、証人二人が立会つて遺言者の遺言を確認したこと及び遺言者本人が
   本件遺言公正証書に署名押印したことが含まれているばかりでなく、そのような方式
   の遵守は、本件遺言公正証書の記載自体によつて明らかにされているのであるから、
   本件遺言公正証書が遺言者であるD本人の嘱託に係るものであることは公正証書上確
   実であるということができるうえに、さらに原審の適法に確定するところによれば、
   公証人がDの氏名を知り、かつ、面識があつて、嘱託人を確認する点において欠ける
   ことがなかつたことは、本件遺言公正証書作成の一週間前にDの嘱託に基づいて同じ
   公証人が作成した公正証書の記載によつても明らかにされているのであるから、右公
   正証書に、公証人が嘱託人の氏名を知り面識がある旨の記載が欠けていて、印鑑証明
   書が連綴されていなくても、なお本件遺言公正証書はその効力を認めて妨げないもの
   というべきである。これと同趣旨に帰着する原判決は、正当として是認することがで
   きる。原判決に所論の違法はなく、論旨は採用することができない。
    よつて、民訴法四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員一致の意見で、主文
   のとおり判決する。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                            page公正証書遺言の効力