(みなみ司法書士合同事務所)























































































 当事務所は、東京都墨田
 区錦糸町に事務所をおき、
 主に東京、埼玉、千葉、神
 奈川にて営業しています。
 また、上記以外の地区にも
 出張可能ですので、遠方に
 お住まいの方もお気軽にお
 問合せ下さい。









公正証書遺言の証人の立会い




  公正証書遺言の証人の立会い


   事件名 遺言無効確認等
   裁判年月日 平成10年03月13日
   法廷名 最高裁判所第二小法廷


   判示事項
   一 公正証書遺言において証人が遺言者の署名押印に立ち会うことの要否
   二 遺言者の押印の際に二人の証人のうち一人の立会いなく作成された遺言公正証書
     につきその作成の方式に瑕疵があるがその効力を否定するほかはないとまではい
     えないとされた事例


   裁判要旨
   一 公正証書遺言において、証人は、遺言者の署名押印に立ち会うことを要する。
   二 公正証書遺言において、遺言者が、証人甲乙の立会いの下に、遺言の趣旨を口授
     しその筆記を読み聞かされた上で署名をしたところ、印章を所持していなかった
     ため、約一時間後に、甲のみの立会いの下に、再度筆記を読み聞かされて押印を
     行ったが、乙は、その直後ころ、公証人から完成した遺言公正証書を示されて右
     押印の事実を確認したのであって、この間に遺言者が従前の考えを翻し、又は右
     遺言公正証書が遺言者の意思に反して完成されたなどの事情は全くうかがわれな
     いなど判示の事実関係の下においては、右遺言公正証書の作成の方式には瑕疵が
     あるというべきであるが、その効力を否定するほかはないとまではいえない。




   主    文

    本件上告を棄却する。
    上告費用は上告人らの負担とする。

   理    由

    上告代理人藏大介の上告理由第七の二及び三について
    民法九六九条に従い公正証書による遺言がされる場合において、証人は、遺言者が
   同条四号所定の署名及び押印をするに際しても、これに立ち会うこうを要するものと
   解すべきである。ただし、同条一号が公正証書による遺言につき二人以上の証人の立
   会いを必要とした趣旨は、遺言者の真意を確保し、遺言をめぐる後日の紛争を未然に
   防止しようとすることにあるところ、同条四号所定の遺言者による署名及び押印は、
   遺言者が、その口授に基づき公証人が筆記したところを読み聞かされて、遺言の趣旨
   に照らし右筆記が正確なことを承認した旨を明らかにし、当該筆記をもって自らの遺
   言の内容とすることを確定する行為であり、右遺言者による署名及び押印について、
   これが前記立会いの対象から除外されると解すべき根拠は存在しないからである。
    原審の適法に確定した事実関係によれば、(1)Dは、平成三年七月一八日、仙台
   法務局所属公証人Eに対し、本件遺言公正証書の作成を嘱託し、E公証人は、同日午
   後六時ころから六時三〇分ころまでの間に、Dの入院先の病室において、F及びGを
   証人として立ち会わせた上、Dから遺言の趣旨の口授を受けて本件遺言公正証書の原
   案を作成し、これをDに読み聞かせたところ、Dは、筆記の正確なことを承認して遺
   言者としての署名をしたが、同人が印章を所持していなかったことから、手続はいっ
   たん中断された、(2)E公証人は、被上告人がDの印章をその自宅から持ってきた
   後の同日午後七時三〇分ころ、前記病室において、Gの立会いの下、再度筆記したと
   ころを読み聞かせ、Dは、その内容を確認した上、これに押印した、(3)右Dの押
   印の際、Fは、これに立ち会わず、病院の待合室で待機していたが、待合室に戻って
   きたE公証人から、Dの押印を得て完成した本件遺言公正証書を示されたというので
   ある。
    右のとおり、証人のうちの一人であるFは、Dが本件遺言公正証書に押印する際に
   立ち会っていなかったのであるから、本件遺言公正証書の作成の方式には瑕疵があっ
   たというべきである。しかし、Dは、いったん証人二人の立会いの下に筆記を読み聞
   かされた上で署名をし、比較的短時間の後にG立会いの下に再度筆記を読み聞かされ
   て押印を行い、Fはその直後ころ右押印の事実を確認したものであって、この間にD
   が従前の考えを翻し、又は本件遺言公正証書がDの意思に反して完成されたなどの事
   情は全くうかがわれない本件においては、本件遺言公正証書につき、あえて、その効
   力を否定するほかはないとまで解することは相当でない。してみると、上告人らの本
   件遺言無効確認等請求を棄却すべきものとした原審の判断は、結論において是認する
   ことができる。論旨は、結局、原判決の結論に影響しない事項についての違法をいう
   ものに帰し、採用することができない。

    その余の上告理由について
    所論の点に関する原審の事実認定は、原判決挙示の証拠関係に照らして首肯するに
   足り、右事実関係の下においては、上告人らの本件請求を棄却すべきものとした原審
   の判断は、是認できないではない。論旨は採用することができない。
    よって、裁判官全員一致の意見で、主文のとおり判決する。









相続の各手続や遺産分割の方法、遺言書の作成などお気軽にご相談ください。














みなみ司法書士合同事務所
Copyright(C)2002 .All rights reserved

                        page公正証書遺言の証人の立会い